遺言が有る場合に行う手続きについて

自筆証書遺言や公正証書遺言で行う手続きのちがいについて考える。

お亡くなりの方が遺言を残している場合があります。
残した遺言の種類により、必要となる手続きがあります。


“遺言が有る場合に行う手続きについて” の詳細は »

久々に動物を観に行って来ました。

一日を有意義に過ごせましたが、とてもハードなスケジュールでした。

先日、動物園に行ってきました。
久しぶりの動物園でしたので、子供たちもうきうきでした。


“久々に動物を観に行って来ました。” の詳細は »

財産の分け方が決まるまでは誰のものか

相続の手続きは、不動産等を処分する際には、いずれどこかで必要になるかと思われます。

遺産分割が決まるまでの財産はどのような状態として
とらえられているのでしょうか?


“財産の分け方が決まるまでは誰のものか” の詳細は »

父や母をことにする兄弟の相続分

腹違いの兄弟姉妹のみが相続するときの相続分について

被相続人に配偶者や子がなく、第二順位の両親も既になくなっていた場合、第三順位の兄弟姉妹が相続人になります。

“父や母をことにする兄弟の相続分” の詳細は »

妻子、愛人と認知された非嫡出子の相続

愛人と認知された子がいた場合の相続は本妻と実子の相続分に影響があるのか

被相続人に実子以外の子と愛人がいた場合その相続分はどうなるのでしょうか。

まず、妻は配偶者ですからその相続分2分の1に変わりはありません。愛人とその愛人の子である非嫡出子がいた場合、愛人は血族でもなければ戸籍上の地位も何もありませんので、相続分が発生することはありません。しかし、愛人の子が認知されていれば、子には違いがありませんから、子としての相続分があります。
“妻子、愛人と認知された非嫡出子の相続” の詳細は »

相続の欠格と廃除のことで2度目

相続欠格と廃除の各事由と、その効力の及ぶ範囲について

法定相続人であっても、相続人となれない場合があります。
それは、被相続人から廃除されたもしくは、相続欠格事由がある場合です。
“相続の欠格と廃除のことで2度目” の詳細は »

欠格やら廃除やら耳慣れない相続語がある

相続欠格と廃除の各事由と、その効力の及ぶ範囲について

法定相続人であっても、相続人となれない場合があります。
それは、被相続人から廃除されたもしくは、相続欠格事由がある場合です。(自らの意思で初めから相続人にならないと意思表示し手続きをすれば(相続放棄)その場合も相続人にはなりません)
この、「相続欠格」「廃除」とはどんなものでしょうか。
“欠格やら廃除やら耳慣れない相続語がある” の詳細は »

相続における物納についてのメリットと現場の実務

相続税を支払うことが困難な時に物納という方法もあります。やり方を知っておけば安心だ。

相続が発生すると、相続税を金銭にて一括で支払わなくてはなりません。

しかし、不動産の相続がほとんどで、相続税の支払いが困難となる場合があります。そのような場合は、「物納」という方法を取ることが出来ます。その場合申請が必要となります。

主な流れとしては、相続が発生したら相続財産の目録を作成します。次にその内容をよく調べ、相続税の財源をどうするのかを検討。この時、もし相続財産の大半が不動産と同族会社の株式等で占められている場合には、物納の申請を行います。
“相続における物納についてのメリットと現場の実務” の詳細は »